CATEGORY

基礎知識

    NMN(ニコチンアミド・モノクレオチド)とは

    NMNとは? 2011年、ワシントン大学医学部(ミズーリ州、セントルイス)チームにより、医療業界を大きく発展させるNMN(ニコチンアミド・モノクレオチド)、その前駆体であるNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)という物質の存在とその驚きの効果が報告されました。NMNはビタミンB群中のビタミンB3に含まれ、あらゆる生物の細胞の中に存在しています。現在、NMNについて世界中で研究が続けられてお […]

    nanoPDS ( nano Particle Delivery Systemナノパーティクルデリバリーシステム)とは

    nanoPDS(超皮膚浸透技術)とは? DDS(ドラッグデリバリーシステム)の目的は、体内における薬の投与量・部位・タイミングなどを精密にコントロールすることで、薬の効果を最大限に発揮させ、副作用の軽減を狙い、患者への負担を軽減する技術です。nanoPDS(超皮膚浸透技術)は、患者への負担を減らすため、皮膚から薬を浸透させる「経皮ドラッグデリバリーシステム」技術がベースとなっています。親水性の成分 […]

    水素(体内還元作用)とは?

    水素の優れた特徴とは? 私たちの体は約40〜60兆個の細胞で構成されています。その細胞の活動エネルギーを作る際には、同時に活性酸素も発生します。この活性酸素は、細胞を酸化させ老化や病気を引き起こします。そこで、この活性酸素を除去するはたらきがある「水素」が注目されているのです。水素は地球上に存在する最小分子サイズであり、かつ水にも油にも溶ける性質があります。そのため、水素は摂取した体内の血流に乗っ […]

    海洋深層水(高知県室戸)とは?

    海洋深層水(高知県室戸岬沖)とは? 海洋深層水は、深層水・<DOW・Deep seawater>など呼ばれ、地球の両極である北大西洋のグリーンランド沖と南極海で生まれ、何千年もの昔から世界中の海を約2,000年の歳月をかけて循環しています。遥か昔の深層水が今もなお高知県室戸岬沖の海底で循環を繰り返しているのです。室戸岬東部海域は独自の地形をしており、海岸から2㎞先の大陸棚外縁部から急激に深く落ち込 […]

    パルテノライドとは?

    パルテノライドとは? パルテノライドとは、ナツシロギクというハーブ植物の抽出成分で、偏頭痛や椎間板ヘルニア、リウマチなどの様々な痛みに効く、天然の鎮痛成分といわれています。日常生活で不快に感じる「痛み」。持続性のある痛みや、原因不明の痛みは、他の病気の要因になることもあります。痛みの原因は、切り傷や打撲などのケガ、脊柱管狭窄症のような神経の圧迫など様々ですが、痛みの元は、いずれも発痛物質です。傷や […]

    水溶性βグルカン(β1,3-1,6)とは?

    水溶性βグルカンとは? 水溶性β−グルカンは食物繊維であり、ブドウ糖(グルコース)のみが多数結合した多糖類をグルカンと呼びます。グルカンはその化学構造からα型とβ型に分けることができ、α−グルカンは幾つかの種類に分かれており、β−1,3-1,6-グルカンと呼ばれるものには「免疫向上作用」の効果があります。β−グルカンは、ブドウ糖がたくさんつながった多糖類の一種です。糖類は、その最小単位が1個の糖か […]

    LPS(リポポリサッカライド)とは?

    LPS(リポポリサッカライド)とは? LPSはグラム陰性菌の細胞表面にある物質で、野菜や穀類などの植物に多く存在しているパントエア・アグロメランス菌などに由来する成分です。LPSは主に土壌に含まれる細菌の一成分ですから、土で育つ野菜や穀類に多く含まれています。様々な微生物が共生する土壌で育った野菜や穀類、豆類、さらには微生物が豊かに生息する海で摂れた海藻などにもLPSは豊富に含まれています。LPS […]

    免疫(免疫力)とは?

    免疫の役割とは? 免疫とは、体内に病原菌や毒素、ウイルス、その他の異物が侵入しても、それに抵抗して打ち勝つ能力です。また、異物と反応する抗体を作って、発病を抑える抵抗力を持ち、身体を健康に保つための、重要な役割を果たしています。もし私たちの身体から免疫力が無くなると「風邪」をひくだけでも死んでしまいます。抵抗力が無くなることから、HIV(エイズ:後天性免疫不全症候群)はまさにその典型的な病気です。 […]

    MAP酵素(生理機能活性物質)とは?

    MAP酵素(生理機能活性物質)とは? 生理機能活性物質は、健康な身体のバランスを守るために欠かせないものであり、身体の働きを調節する役割をもった物質のことです。ビタミン、ミネラル、核酸、酵素などがそうです。また、アミノ酸から作り出されるホルモン、神経伝達物質、サイトカインなども生理機能活性物質のうちのひとつです。細胞の生成やエネルギーの生産に関わり、細胞の老化を防ぐとともに生体各器官の機能を正常に […]

    テロメア(染色体末端領域)とは?

    テロメア(染色体末端領域)とは? 私たちの身体を形成している役40〜60兆個の細胞。生きている限り分裂し入れ代わり続けています。例えば、皮膚の細胞。活発に分裂を繰り返し、若い細胞を産み出し続け、1〜2か月で新たな皮膚に入れ代わっていきます。この細胞分裂に深く関わっているのが、細胞の染色体の端にあるテロメアです。正体は、塩基という化学物質。細胞が分裂するたびに少しずつ数が減り、テロメアは短くなってい […]

    コピー禁止