nanoPDS BODY MAIN TENANCE (nanoPDS ボディメンテナンス マッサージクリーム)

PDS

Aiメディカルクリニックによる研究開発

幹細胞療法や免疫療法で実績を持つAiMedical Clinic Ginzaの独自のノウハウを取り入れ、nanoPDS化したボディケア成分や間葉系幹細胞培養上清液を融合させて完成させたボディメンテナンスのためのクリームです。全身の気になる筋肉や関節まわりなどの部位に、直接すり込みマッサージすることで、成分がじっくり浸透し、血行が促進されてトラブルをケアします。膝、肩、腰、関節、筋肉などの気になる部分をはじめ、全身に使用できるクリームとして、アスリートから老若男女すべてのボディケアを求める方に向けたスペシャルなマッサージクリームです。

厳選成分をnanoPDS化して直接届ける

(1)N-アセチル-d-グルコサミン:グルコサミンはアミノ糖とよばれる物質の一種で、加齢によってすり減ってしまった軟骨を修復するはたらきがあります。

(2)コンドロイチン硫酸ナトリウム:コンドロイチンはムコ多糖体という物質の一種で、軟骨の保水力を高めて関節を柔軟に保つといわれており、皮膚のクッション性を高めると同時に皮膚表面の潤いも保ちます。

(3)メチルスルフォニルメタン:生体内に自然に存在する成分でコラーゲン、その他の軟骨、毛髪、皮膚をつくるのに不可欠な有機イオウ化合物です。不足すると老化が進むといわれています。

(4)水溶性プロテオグリカン:コラーゲンやヒアルロン酸と共に細胞外マトリックスをつくり、身体組織を維持している第3の皮膚成分といわれています。肌にハリを与え、健やかな肌へとはたらきかけます。

(5)ソルビトール発酵多糖:アミノ基をもつ直鎖上軟骨の重要な成分。高い保水力で肌の潤いを保ちます。

nanoPDS技術で肌の奥まで浸透させる

nano PDSは粒子伝達システムの略で、某国立大学付属の経皮吸収に関する研究所にて、ワクチン注射(予防接種など)に代わる技術として応用・研究された、画期的で新しい超皮膚浸透技術です。疲労や加齢に伴い起きる関節、筋肉のハリに有効な成分を、この技術を応用したメカニズムで届けたい場所へ送り届けることが可能になりました。

ご使用方法

適量を手にとり、マッサージしながらのばしていきます。首、肩、腰、腕、足、膝などの全身にお使いください。

全成分表示

水、BG、グリセリン、1,2-ヘキサンジオール、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、スクワラン、メントール、乳酸メンチル、エタノール、ヒト脂肪細胞順化培養液エキス、チョウジつぼみ油、アセチルグルコサミン、コンドロイチン硫酸Na、ジメチルスルホン、水溶性プロテオグリカン、加水分解ローヤルゼリータンパク、シソ葉エキス、ソルビトール発酵多糖、セラミドEOP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドAG、セラミドAP、水添レシチン、ダイズステロール、オリーブ果実油、マカデミアナッツ油、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリルノオクチルドデシル)、ダイマージリノール酸(フィトステリルノイソステアリル/セチルノステアリルノベヘニル)、(クエン酸/乳酸ノリノール酸ノオレイン酸)グリセリル、ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6、トコフェロール、パルミチン酸エチルヘキシル、カプリリルグリコール、ポリソルベート60、キサンタンガム、カルボマー、ジメチコン、シクロペンタシロキサン、水酸化Na、フェノキシエタノール

(※間葉系幹細胞培養上清液:ヒト脂肪細胞順化培養液工キス(整肌成分))

 

使用方法説明動画

最新情報をチェックしよう!
コピー禁止