水溶性βグルカン(β1,3-1,6)とは?

    水溶性βグルカンとは? 水溶性β−グルカンは食物繊維であり、ブドウ糖(グルコース)のみが多数結合した多糖類をグルカンと呼びます。グルカンはその化学構造からα型とβ型に分けることができ、α−グルカンは幾つかの種類に分かれており、β−1,3-1,6-グルカンと呼ばれるものには「免疫向上作用」の効果があります。β−グルカンは、ブドウ糖がたくさんつながった多糖類の一種です。糖類は、その最小単位が1個の糖か […]

    LPS(リポポリサッカライド)とは?

    LPS(リポポリサッカライド)とは? LPSはグラム陰性菌の細胞表面にある物質で、野菜や穀類などの植物に多く存在しているパントエア・アグロメランス菌などに由来する成分です。LPSは主に土壌に含まれる細菌の一成分ですから、土で育つ野菜や穀類に多く含まれています。様々な微生物が共生する土壌で育った野菜や穀類、豆類、さらには微生物が豊かに生息する海で摂れた海藻などにもLPSは豊富に含まれています。LPS […]

    免疫(免疫力)とは?

    免疫の役割とは? 免疫とは、体内に病原菌や毒素、ウイルス、その他の異物が侵入しても、それに抵抗して打ち勝つ能力です。また、異物と反応する抗体を作って、発病を抑える抵抗力を持ち、身体を健康に保つための、重要な役割を果たしています。もし私たちの身体から免疫力が無くなると「風邪」をひくだけでも死んでしまいます。抵抗力が無くなることから、HIV(エイズ:後天性免疫不全症候群)はまさにその典型的な病気です。 […]

    MAP酵素(生理機能活性物質)とは?

    MAP酵素(生理機能活性物質)とは? 生理機能活性物質は、健康な身体のバランスを守るために欠かせないものであり、身体の働きを調節する役割をもった物質のことです。ビタミン、ミネラル、核酸、酵素などがそうです。また、アミノ酸から作り出されるホルモン、神経伝達物質、サイトカインなども生理機能活性物質のうちのひとつです。細胞の生成やエネルギーの生産に関わり、細胞の老化を防ぐとともに生体各器官の機能を正常に […]

    テロメア(染色体末端領域)とは?

    テロメア(染色体末端領域)とは? 私たちの身体を形成している役40〜60兆個の細胞。生きている限り分裂し入れ代わり続けています。例えば、皮膚の細胞。活発に分裂を繰り返し、若い細胞を産み出し続け、1〜2か月で新たな皮膚に入れ代わっていきます。この細胞分裂に深く関わっているのが、細胞の染色体の端にあるテロメアです。正体は、塩基という化学物質。細胞が分裂するたびに少しずつ数が減り、テロメアは短くなってい […]

    酵素とは?

    酵素は生命維持に欠かせない物質 酵素は人間が生命を維持していく上で、水や酵素と同じように必要不可欠な物質です。食べ物から摂取した栄養成分の消化・吸収・分解といった仕事をこなしているだけでなく、呼吸、運動、思考、そして自然治癒力までも左右する、とても重要な働きを担っているのです。酵素には体内の「消化酵素」と「代謝酵素」、食物から取り入れる「食物酵素」があります。「消化酵素」は文字通り食べた物の消化を […]

    エクソソーム(細胞外小胞)とは?

    世界が注目!エクソソームとは? エクソソームとは細胞が出すカプセル状の物質です。その表面は細胞膜由来の脂質、タンパク質を含み、内部には、マイクロRNA、メッセンジャーRNA、DNAやタンパク質など細胞内の物質を含んでいます。エクソソームは細胞外小胞(Extracellular vesicle)とされており電子顕微鏡で拡大してみると、突起がついた丸い玉の形をしています。大きさはわずか1万分の1ミリし […]

    細胞外マトリックスとは?

    細胞外マトリックス概要 私たちの身体は約40〜60兆個の細胞でできています。このたくさんの細胞たちがそれぞれ適切に分化して、身体の一部として役割を果たしています。しかし、身体の全てがこの細胞で満たされているわけだはありません。そこには「細胞外マトリックス」という私たち身体を作る上でとても重要な物質が必要なのです。細胞ひとつひとつは、まるで微生物のように生きていますが、それらが塊を作って身体の部分を […]

    間葉系幹細胞培養上清液とは?

    再生医療について 再生医療とはなんなのか?答えは「自然に再生できない組織や臓器を再生させ、機能を回復させることを目指す医療」ということになります。私たち人間の身体には元来再生する機能が備わっています。皮膚であれば1ヶ月から〜3ヶ月で新しい細胞に入れ代わり、古くなった皮膚は垢となって剥がれ落ちます。同じように胃腸や肺、血管なども数ヶ月をかけて、古い細胞が脱落し、減った分だけ新しい細胞が再生し回復して […]

    DDS(ドラッグデリバリーシステム)とは?

    DDS(ドラッグデリバリーシステム)概要 私たちが何らかの病気をして、薬を飲んだ時、実際に患部にまでたどり着いて効き目を発揮するのは、飲んだ薬の僅か100分の1以下に過ぎないことをご存じですか?薬の成分の中には、生体内で速やかに分解されて効力がなくなるものもあります。あるいは、必要のない部位に作用し副作用を引き起こすこともあります。薬の持つこのような欠点を改善する技術がDDS(ドラッグデリバリーシ […]

    コピー禁止